ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

新元号「令和」の出典の万葉集32首の梅の歌 序文とは

投稿日:2019年4月1日 更新日:

新元号が「令和」に決まりました。これまで中国の古典を典拠として決められた元号ですが 今回は日本の古典、万葉集の梅の歌(32首)序文から取られています。以下に、その部分を紹介します。

『天平二年正月十三日に、帥(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きゃうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薰(かをら)す。

加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏に忘れ、衿(えり)たを煙霞の外に開く。

端然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若しかん苑にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述(の)べむ。詩に落梅の篇を 紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宣(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。』

作者は山上憶良か

この序文は、太宰府の大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で開かれた宴会で歌われた梅の歌32首に付けられたものです。作者は山上 憶良(やまのうえおくら)だと言われています。大伴旅人は、当時大陸文化の窓口であった太宰府の高級役人でした。

梅は大陸から渡来した珍しい花だった

梅の花は、今や桜の花とともに日本人に愛される花です。しかし万葉集の当時は大陸から渡来して、珍しい花だったそうです。万葉集は1200年前に編まれた我が国最古の歌集です。その中で梅花 を詠んだ歌120首は、花を詠んだ歌としては萩に次いで多いです。万葉集には入っていませんが、同時代、太宰府で歌われた 有名な梅の歌は菅原道真(すがわらのみちざね)の「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花、主(あるじ)なしとて春 を忘るな」 があります。

梅花の宴、博多人形ジオラマで再現

梅花の宴が開かれた大伴旅人の邸宅跡には坂本八幡宮が建っています。「令和」発表後、参拝客が急速に増えているそうです。太宰府市はブームを当て込んで「令和」7観光策を検討中です。大宰府政庁の遺構を保存公開している大宰府展示館は「令和」の由来となった梅花の宴が、博多人形のジオラマで展示してあります。

-社会

執筆者:

関連記事

「日本人は口がくさい」と厳しい評価

口内ケア後進国ニッポンを襲う歯周病 外国人100人に聞いたアンケートの調査結果が衝撃的でした。日本人と会話して「口がくさい」とがっかりした人が68人。だから「キスしたくない」と回答した人が43人いまし …

小川彩佳アナ6月からTBS「ニュース23」メインキャスターに就任、こんな人

テレビ朝日「報道ステーション」の元サブキャスターだった小川彩佳(あやか)アナウンサー(34)が、TBS「ニュース23」のメインキャスターに起用されることが発表されました。小川アナといえば、昨年「報道ス …

痴漢撃退に安全ピンで対策の代わりにと、ハンコのシャチハタが乗り出す

ハンコのシャチハタがツイッターで、痴漢対策に「本気で」取り組むと発信しました。不届きな痴漢の手に、被害者が「痴漢」のハンコをポンと押して撃退しようというものです。 安全ピンを痴漢の手に刺す 痴漢撃退に …

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか

金融庁は、人生100年時代の長い老後の生計をどう支えて生きるか、資産面からの指針案をまとめました。自助努力で確保した資産を利用して長い老後生活を乗り切ろうというわけですね。 どこに消えた「百年安心プラ …

「表現の不自由展・その後」政治家の中止要請は憲法を踏みにじる行為

「国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が、河村名古屋市長の強い抗議で中止に追い込まれました。 憲法が保証する「表現の自由」が民主社会を守る これに対して、実行委員会会長 …

人気記事トップ10