ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

「終身雇用は守れない」経団連会長の発言に「今さら」の声噴出 。問題は働く人の生活をどう護るかです

投稿日:

経団連中西宏明会長(日立製作所)が「終身雇用制度を守るのは無理と経営者はみんな考えている」と発言しました。中西会長は、新卒の4月一括採用が学生を就活に走らせ、学業に身が入らないので、大学側と採用方法を検討している、とも述べています。ツイッター上では、この発言をめぐり投稿が押し寄せています。その多くは、終身雇用制度は既に崩壊している、と指摘しています。4月以降に個々に採用ということになれば、3か月の試用期間を過ぎて、非正規労働者が増えるのではないかと懸念する声もあります。

終身雇用という言葉は法律にはありません。労働基準法の「期間の定めない雇用」(無期雇用)という言葉を、世間で「終身雇用」と言い慣わしてきたわけです。こういう仕組みは外国にはなく、日本独特の労働環境だといわれます。終身雇用のお陰で、労働者は住宅ローンを組むなど人生設計が立てやすくなります。生活も安定しやすく、精神的にも楽ですよね。

終身雇用は経営の都合で運用されてきた

しかし、もともと終身雇用は、経営者の都合で運用されてきた歴史があります。太平洋戦争の敗戦後、50年代から60年代、高度経済成長時代が続き、労働力不足で経営者は労働者を解雇しなくなったのです。法律も解雇権の濫用(らんよう)を禁じました。

その後「失われた20年」という言葉に象徴される時代になり、1996年の労働者派遣法の改正、98年の派遣適用対象の自由化がありました。業績悪化に苦しむ経営側は、派遣社員を増やすことで、終身雇用の正社員を減らしてきたのです。今や、派遣社員は増加の一途をたどる時代になりました。ツイッターで、終身雇用は守れないという中西会長に反発する声は、こうした現実を指しています。

雇用が崩れ格差社会が拡大した

もちろん、派遣社員の方が自由度が高い、と希望する人もいます。しかし派遣社員が増えるに従って格差社会が出現したことも事実です。正社員に比べて派遣社員の給与は絶望的に低賃金です。その格差はますます広がりつつあります。学生の就職問題は大事です。でも、終身雇用を守れないと認めるなら、経営のトップとして、いかにして働く人の生活、ひいては人生を守るか研究してもらいたものです。

-社会

執筆者:

関連記事

「年金不足で老後2000万円用意して」は参院選の争点?

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか 慌てて「言い訳」に走った麻生大臣 金融庁が発表した、年金だけでは老後の生活に足りないから資産形成を、という指針発表に反発が広がっています。 麻生 …

NHK朝ドラが土曜日に放送しなくなる働き方改革とは

NHKは朝ドラ(連続テレビ小説)を、来年春放送の「エール」(窪田正孝さん主演)から、土曜日は放送しない「短縮」をするらしいです。 今、朝ドラは100作目の「なつぞら」を月曜から土曜日まで放送中です。 …

天皇陛下を慰めた「夜明けのスキャット」

4月30日のご退位を前に天皇、皇后両陛下の即位30年と、ご成婚60年を祝う音楽会が、皇居東御苑の桃華音楽堂で開かれました。桃華音楽堂は一般にあまり知られていませんね。桃華音楽堂は、昭和41年に、音楽好 …

メダカが1ペアで250万円! の仰天価格、ブームの背景にある手軽な飼い方

メダカが静かなブームだと言います。確かに田舎の道の駅などに寄ると水槽を並べてメダカを売っています。 ふと、自分でも飼ってみようかなと思うこともあります。手軽そうですからね。 「出目悪魔」という超高額メ …

少年革命家 ゆたぽん「不登校は不幸じゃない」の意外な評判

沖縄・宜野湾市で「ハイサイまいど!」で始まる動画を提供している小学校4年生の男の子「ゆたぽん」(中村逞珂=ゆたか君・10歳)が話題になっています。最初に琉球新報が報じました。ゆたぽんは、「不登校は不幸 …

人気記事トップ10