ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

「終身雇用は守れない」経団連会長の発言に「今さら」の声噴出 。問題は働く人の生活をどう護るかです

投稿日:

経団連中西宏明会長(日立製作所)が「終身雇用制度を守るのは無理と経営者はみんな考えている」と発言しました。中西会長は、新卒の4月一括採用が学生を就活に走らせ、学業に身が入らないので、大学側と採用方法を検討している、とも述べています。ツイッター上では、この発言をめぐり投稿が押し寄せています。その多くは、終身雇用制度は既に崩壊している、と指摘しています。4月以降に個々に採用ということになれば、3か月の試用期間を過ぎて、非正規労働者が増えるのではないかと懸念する声もあります。

終身雇用という言葉は法律にはありません。労働基準法の「期間の定めない雇用」(無期雇用)という言葉を、世間で「終身雇用」と言い慣わしてきたわけです。こういう仕組みは外国にはなく、日本独特の労働環境だといわれます。終身雇用のお陰で、労働者は住宅ローンを組むなど人生設計が立てやすくなります。生活も安定しやすく、精神的にも楽ですよね。

終身雇用は経営の都合で運用されてきた

しかし、もともと終身雇用は、経営者の都合で運用されてきた歴史があります。太平洋戦争の敗戦後、50年代から60年代、高度経済成長時代が続き、労働力不足で経営者は労働者を解雇しなくなったのです。法律も解雇権の濫用(らんよう)を禁じました。

その後「失われた20年」という言葉に象徴される時代になり、1996年の労働者派遣法の改正、98年の派遣適用対象の自由化がありました。業績悪化に苦しむ経営側は、派遣社員を増やすことで、終身雇用の正社員を減らしてきたのです。今や、派遣社員は増加の一途をたどる時代になりました。ツイッターで、終身雇用は守れないという中西会長に反発する声は、こうした現実を指しています。

雇用が崩れ格差社会が拡大した

もちろん、派遣社員の方が自由度が高い、と希望する人もいます。しかし派遣社員が増えるに従って格差社会が出現したことも事実です。正社員に比べて派遣社員の給与は絶望的に低賃金です。その格差はますます広がりつつあります。学生の就職問題は大事です。でも、終身雇用を守れないと認めるなら、経営のトップとして、いかにして働く人の生活、ひいては人生を守るか研究してもらいたものです。

-社会

執筆者:

関連記事

議員の暴言、失言、ホントは本音なのではないの

自民党が所属の国会議員に対して「暴言、失言対策マニュアル」を内部資料として配布していたことが明らかになりました。夏の参院選前に引き締めを図ったのでしょう。しかし、その内容を見てみると、国民の代表に対し …

「淡水魚の絶滅危惧30種」に寄せられた自然破壊への警鐘

  国際自然保護連合が発表したレッドリスト(絶滅の恐れある野生生物のリスト)に、新規の評価で日本の淡水魚30種が載って関心を呼んでいます。 日本の淡水魚絶滅危惧30種とは リストは、深刻な危 …

香港200万人デモの理由と、知っておくべき背景とは

香港のデモが止まりません。9日に「逃亡犯条例」改正案に反対する民衆100万人が街頭に出て抗議活動をしました。   この人数は、香港市民700万人の、7人に一人です。これに対して香港特別行政府 …

小室圭さん、夏休み帰国するの?と世間が騒がしい

眞子内親王のお相手、小室圭さんが留学中の米国から夏休み帰国するのかどうか、マスコミが騒いでいます。いわば膠着状態にあるお二人の結婚問題に何らかの進展があるかも、と期待してのことでしょう。結論から言えば …

直木賞候補作、史上始めて!朝倉かすみ、澤田瞳子、柚木麻子、原田マハら六人全員が女性。果たして受賞するのは誰か?

、澤田瞳子、第161回芥川賞・直木賞の候補作が発表されました。7月17日の選考会で受賞作が決まります。直木賞は、芥川・直木賞史上始めて、候補作全部が女性の作品です。 女性の受賞はますます増える 候補作 …

人気記事トップ10