ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

芸能

斎藤工、林遣都、上白石萌歌さんらは低視聴率「いだてん」を救うか

投稿日:2019年4月24日 更新日:

新しいキャスト7人を発表

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺(ばなし)」の第二部の新しいキャストが発表されました。第二部は昭和11年のベルリン五輪を中心に話が展開されます。そのとき日本水泳界を支え、五輪を日本に呼んだた田畑政治(まさじ)が主人公です。田畑役は阿部サダヲさんです。

新しく発表されたキャストは、斎藤工(たくみ)、林遣都(けんと)、上白石萌歌(かみしらいし・もか)、三浦貴大(たかひろ)、大東駿介、皆川猿時(さるとき)、トータス松本、の7人です。

萌歌さん、体重7キロ増やして役造り

斎藤、三浦、林、大東さんらは、当時、水泳日本を代表して活躍した選手を演じます。上白石さんは、日本人女性初の金メダリスト・前畑秀子の役です。彼女は、その役造りために7キロ体重を増やしたとかで、話題になりました。トータス松本さんは、ベルリン五輪競泳で壮絶に戦った前畑の姿に、我を忘れて「前畑、がんばれ!」と、放送で絶叫を繰り返したNHK伝説のアナウンサーを演じます。

10週連続の低視聴率

「いだてん」は初回こそ平均視聴率15.5%を記録したものの、その後視聴率は凋落(ちょうらく)の一途をたどり、最近は10週連続の一桁台という不名誉な記録になっています。(21日放送の第15話は8.7%)

全体に話が軽すぎる

振るわない視聴率の原因を私なりに考えてみると、全体に話が軽すぎませんか。宮藤官九郎さんの脚本は、朝ドラ「あまちゃん」では確かに成功しました。しかし、「いだてん」には、あの軽い雰囲気は向いていませんね。

金栗四三(かなくり・しそう)という実在の人物を主人公にした難しさもあるかも知れません。四三役の中村勘九郎さん、のちに再婚して四三の奥さんになる綾瀬はるかさん、長兄役の中村獅童さん、加納治五郎訳の役所広司さん・・・皆さん頑張っているのですが、話が上滑りしているように感じます。

四三と志ん生と、話が分裂

それに、ビートたけしが演じる進行役の落語家・古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう)もピンときません。当時の世相を描きたかったのかも知れませんが、四三と志ん生と話が二つに分裂したようになり、感動を呼びません。

感動が欲しい

第二部は、とてつもなく明るい、とディレクターは自信を持っているようです。明るいのは結構、でも感動も欲しいですよね。若手俳優たちが活躍することを願います。

-芸能

執筆者:

関連記事

山口百恵さん39年振りの著作発表で「復活?」の期待の声

昭和時代のトップアイドルだった山口百恵さんが7月に出版する著作が話題になっています。 キルト作品集「時間の花束」を出版 30年間かけて作り上げた趣味のキルト作品70点の写真を収めた「時間(とき)の花束 …

朝ドラ「なつぞら」異例のアニメに反響続々

十勝平野の雄大な景色を描く ヒロインの奥原なつ役の広瀬すずが、成長して日本の漫画映画(アニメーション)の発展に人生をかけるという物語です。だからアニメションを使うのはいいですね。オープニングのシーンは …

「花の中三トリオ」最後の歌姫、森昌子が消える

森昌子が年内引退を発表しました。これで昭和の時代、一世を風靡した「花の中三トリオ」の最後の一人が退場します。山口百恵、桜田淳子と並ぶ「花の中三トリオ」、といっても若い人にはピンとこないでしょう。 山口 …

AAAの浦田直也、謝罪会見は本物か

無期限謹慎「・・・・すぐに復帰させてもいい」という意見も 男女6人の音楽グループAAAのリーダー浦田直也容疑者(36)の謝罪会見が波紋を呼んでいます。所属事務所は、浦田被告は無期限謹慎と処分を発表して …

朝ドラ女王・波瑠の新恋人と報道された齋藤雅弘(倉沢涼央)は日大芸術学部出身

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインとしてブレイクした波瑠(28)。新恋人として無名の俳優、齋藤雅弘(さいとう・まさひろ、28)の名前が挙がりました。 ちなみに齋藤雅弘は本名で、芸名は倉沢 …

人気記事トップ10