ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

生活

猫の鳴き声が平安時代は「ねんねん」だって。我が家の猫は・・・

投稿日:

皆さんが聞く猫の鳴き声は何て鳴きますか?フツー「ミャーミャー」とか「にゃーにゃー」という声を思い浮かべるのではないでしょうか。でも、時代によって猫の鳴き声は違ったらしいですよ。猫が「ミャー」とか「にゃー」とか鳴きだした?のは江戸時代以降だそうです。もちろん猫が鳴き方を変えたわけでなく、人間の聴き方、というか表現の仕方が変わったからです。

鎌倉時代の猫は「ねうねう」と鳴いた

猫は、平安時代は「ねんねん」と鳴いていました。鎌倉時代は「ねうねう」と鳴きました。文学作品の表現などから分かるわけです。かわいい鳴き声ですね。我が家には2匹猫がいますが、両方ともあまり「ミャー」とは鳴きません。女の子のチビすけは「みゃっ」、男の子のタローは「あーん」と鳴くことが多いようです。

猫の「ゴロゴロ」は鳴き声ではありません

でも、状況によって鳴き声は変わります。チビ助は、私が名前を呼ぶと必ず「ミャン」と小さな声で返事をします。タローは呼んでも返事しません。家の中から庭に小鳥を見つけると「けけけっ」といったような奇声を発し続けます。
二匹とも家族以外には慣れていないので、他人が無理に近づくと「シャーッ」と威嚇の声を出します。 ちなみに、気持ちよくなでてやると「ゴロゴロ」という音を発しますが、あれは鳴き声ではなく声門が振動する音だそうです。

猫の鳴き声が状況によって変化することは「猫語」の研究者が分類しています。それによると、発情期や甘えたいときは「あおーん」「みゃー」「にやっ」。威嚇や敵対的状況では「うー、シャッ」などだそうです。人間に対して鳴くときは、「遊んで」「ごはん頂戴」の意思表示です。

外国の猫の鳴き声は

ところで、外国の猫は何て鳴くか気になりませんか。動物は国によって鳴き声が違うんですね。よく知られているのは、日本で「わんわん」と鳴く犬が、英語では「ばうわう」と鳴くことですね。実は日本で犬が「わんわん」と鳴くようになったのは、やはり江戸時代からだそうです。室町時代には「びょうびょう」と鳴いて、今でも狂言の舞台で、犬は「びょうびょう」と鳴きます。

つい、話が飛びましたが、猫の鳴き声、米国では「ミュー」(mew)、英国では「ミャオウ」(meow)、中国では「ミャオ」(meao)、韓国では「ヤオン」(yaong)だそうです。人間の言葉の違いほどの違いはありませんね。

-生活

執筆者:

関連記事

ネット「マナーポリス」の正体を考える

東洋経済オンラインに岡本純子コミュニケーション・ストラテジスト(投資運用の専門家)が掲載した一文が、ツイッターで反響を呼んでいます。反響の多くは岡本氏の文章に共感を示しています。私もこの文章を読んで共 …

3年後しか予約できない佐賀の蕎麦屋さんの秘密

佐賀県唐津市七山にある遊心案。美味しい蕎麦懐石が食べられるお店です。3年前に予約していたこのお店に行ってきました。とても美味しかったです。一緒にお誘いした友人たちも感動してくれて、3年待ったかいがあり …

4月末まで焼きガキが楽しめる

住吉丸に群れるカモメたち 福岡県糸島の牡蠣小屋に行ってきました。これは牡蠣小屋まだ行ったことないよ、という方のための情報です。西日本の牡蠣小屋は大方3月で今年の営業おしまいのようです。 ここにご紹介す …

かんぽ生命不利益契約から学ぶ、保険でやってはいけないこととは

日本郵政グループの生命保険会社・かんぽ生命の不正契約が明らかになり、大きな社会問題になっています。 乗り換え契約で顧客に不利益、2万3900件 不正契約は、他社の保険に加入していた人を説得して、かんぽ …

平野美宇選手選手「人生最大のミス」ドタバタ出国を笑えぬ私の体験

海外試合に出場する卓球日本代表の平野美宇選手(10)が、パスポートを自宅に忘れて羽田空港で大慌てというハプニングがありました。 私も3年前、同じような経験で冷や汗をかいたことを思い出しました。 羽田で …