ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

議員の暴言、失言、ホントは本音なのではないの

投稿日:

自民党が所属の国会議員に対して「暴言、失言対策マニュアル」を内部資料として配布していたことが明らかになりました。夏の参院選前に引き締めを図ったのでしょう。しかし、その内容を見てみると、国民の代表に対してわざわざ注意するほどのものではなく、情けなく感じます。自民党議員の質は、この程度のマニュアルでさえ分かっていない人が多いのでしょうか。

憲法・国際法を知らない国会議員

国会議員の失言・暴言は、当ブログで取りあげた維新.丸山穂高議員の北方領土返還をめぐる「戦争発言」が、まだまだ湯気が立つほど新しいところです。丸山議員に対しては、国会議員なのに憲法と国際法を知らないのでは、と厳しく批判されています。これは珍しく野党の議員の暴言です。しかし自民党、とくに大臣クラスの暴言・失言もひどいものです。

ナチスの手口をまねたら、と暴言

まず麻生太郎副総理(財務大臣)。「憲法改正はナチスの手口をまねてはどうか」とビックリ暴言をしました。今村雅弘復興大臣「大震災の被災地が他の地域でなく東北でよかった」と発言して大臣辞職。塚田一郎国土交通副大臣「安部総理、麻生副総理の地元だから本州と九州を結ぶ道路事業で忖度した」と発言して、副大臣辞職。桜田義孝オリンピック担当大臣「東北復興より自民の女性議員の方が大事」との発言が問題になり、大臣職失う。

選んだ私たちにも責任がある

まさに低次元の暴言・失言のオンパレードです。こんな議員サン達を抱えて自民党本部が危機感を抱くのは当然かも知れませんね。そんな議員を選んだ私たちにも責任があるのですが。

国会は「言論の府」のはずでは・・・

「暴言・失言対策マニュアル」には、例えば強い言葉使いは避けるように、という注意があります。とくに、歴史認識、ジェンダー、事故・災害、病気などの問題、雑談口調など気を付けるべきものだそうです。考えてみれば、国会は「言論の府」と言われているはずです。議員は言葉を磨くべきなのに、こんなマニュアルで縛らなければならないとは、ほんとに情けないです。

テクニックでなく見識を深めるべきです

要するに、マニュアルに書かれていることは、失言や誤解を防ぐテクニックの羅列でしかありません。私は、「失言」は、果たして失言なのかと疑います。失言ではなく、本音なのではありませんか。だからテクニックを覚えるより、もっと勉強して見識を深めてもらいたいものだと思います。

-社会

執筆者:

関連記事

「定年夫婦のトリセツ」が結婚70年時代を救う!

ベストセラー「妻のトリセツ」(黒川五保子著)をこのブログで紹介しました。 ベストセラー「妻のトリセツ」は世の夫をはたして救うか 離婚の危機に陥らないために こんど同じ著者が「定年夫婦のトリセツ」を著し …

メダカが1ペアで250万円! の仰天価格、ブームの背景にある手軽な飼い方

メダカが静かなブームだと言います。確かに田舎の道の駅などに寄ると水槽を並べてメダカを売っています。 ふと、自分でも飼ってみようかなと思うこともあります。手軽そうですからね。 「出目悪魔」という超高額メ …

宮本亜門さん前立腺ガンショック!

医療バラエティ番組で発見 演出家の宮本亜門さん(61)が自らのツイッターで、前立腺ガンであることを公表しました。医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」の収録中の検査がきっかけで見つかったそうです。 …

今が祭りの真っ最中の博多祇園山笠とは

私が住む福岡市は1日に始まった 博多祇園山笠祭りの真っ最中です。 といっても祭りの会場は、那珂川と御笠川の間にある博多部を中心に繰り広げられています。 天正15年(1587年)、豊臣秀吉が実施した「太 …

子どもが「将来なりたい職業」から見える次の時代

皆さんは子どもの頃、将来なりたい職業はなんだったか覚えていますか? 日本FP(ファイナンシャル・プランナー)協会が2018年小学生の「将来なりたい職業」を発表しました。 30年前「サッカー選手」の希望 …

人気記事トップ10