ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

議員の暴言、失言、ホントは本音なのではないの

投稿日:

自民党が所属の国会議員に対して「暴言、失言対策マニュアル」を内部資料として配布していたことが明らかになりました。夏の参院選前に引き締めを図ったのでしょう。しかし、その内容を見てみると、国民の代表に対してわざわざ注意するほどのものではなく、情けなく感じます。自民党議員の質は、この程度のマニュアルでさえ分かっていない人が多いのでしょうか。

憲法・国際法を知らない国会議員

国会議員の失言・暴言は、当ブログで取りあげた維新.丸山穂高議員の北方領土返還をめぐる「戦争発言」が、まだまだ湯気が立つほど新しいところです。丸山議員に対しては、国会議員なのに憲法と国際法を知らないのでは、と厳しく批判されています。これは珍しく野党の議員の暴言です。しかし自民党、とくに大臣クラスの暴言・失言もひどいものです。

ナチスの手口をまねたら、と暴言

まず麻生太郎副総理(財務大臣)。「憲法改正はナチスの手口をまねてはどうか」とビックリ暴言をしました。今村雅弘復興大臣「大震災の被災地が他の地域でなく東北でよかった」と発言して大臣辞職。塚田一郎国土交通副大臣「安部総理、麻生副総理の地元だから本州と九州を結ぶ道路事業で忖度した」と発言して、副大臣辞職。桜田義孝オリンピック担当大臣「東北復興より自民の女性議員の方が大事」との発言が問題になり、大臣職失う。

選んだ私たちにも責任がある

まさに低次元の暴言・失言のオンパレードです。こんな議員サン達を抱えて自民党本部が危機感を抱くのは当然かも知れませんね。そんな議員を選んだ私たちにも責任があるのですが。

国会は「言論の府」のはずでは・・・

「暴言・失言対策マニュアル」には、例えば強い言葉使いは避けるように、という注意があります。とくに、歴史認識、ジェンダー、事故・災害、病気などの問題、雑談口調など気を付けるべきものだそうです。考えてみれば、国会は「言論の府」と言われているはずです。議員は言葉を磨くべきなのに、こんなマニュアルで縛らなければならないとは、ほんとに情けないです。

テクニックでなく見識を深めるべきです

要するに、マニュアルに書かれていることは、失言や誤解を防ぐテクニックの羅列でしかありません。私は、「失言」は、果たして失言なのかと疑います。失言ではなく、本音なのではありませんか。だからテクニックを覚えるより、もっと勉強して見識を深めてもらいたいものだと思います。

-社会

執筆者:

関連記事

香港200万人デモの理由と、知っておくべき背景とは

香港のデモが止まりません。9日に「逃亡犯条例」改正案に反対する民衆100万人が街頭に出て抗議活動をしました。   この人数は、香港市民700万人の、7人に一人です。これに対して香港特別行政府 …

政界に新風が吹いた!  山本太郎の「れいわ新選組」が目指すもの

4月1日に生まれた「れいわ新選組」が228万票を集め、比例で2議席を獲得しました。 これから政党として活動できる マスコミの選挙報道では、政党ではないということで「れいわ新選組」が取り上げられることは …

「年金不足で老後2000万円用意して」は参院選の争点?

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか 慌てて「言い訳」に走った麻生大臣 金融庁が発表した、年金だけでは老後の生活に足りないから資産形成を、という指針発表に反発が広がっています。 麻生 …

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか

金融庁は、人生100年時代の長い老後の生計をどう支えて生きるか、資産面からの指針案をまとめました。自助努力で確保した資産を利用して長い老後生活を乗り切ろうというわけですね。 どこに消えた「百年安心プラ …

平成はいつ終わりますか? 勘違い続出

明日以後も続く平成です 明日の新元号発表を前に、ツイッター上では勘違いを指摘する声がかまびすしい。どうやら多くの人が、今日4月30日が「平成最後の日」だと勘違いしているらしいですね。もちろん、これは間 …