ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

熱中症の救急患者激増!記録的暑さに対策を確認しよう

投稿日:2019年5月28日 更新日:

総務省消防庁によると5月20日~26日、1週間で、熱中症で救急搬送された患者が2053人に上ることが分かりました。

これは、その前の週に比べて約4倍、前年同期比でも3.6倍になります。日本列島を襲った大陸からの熱い空気層が、記録的な猛暑をもたらした結果です。

日本列島がうだった

とくに26日は、全国36地点で気温35度以上の猛暑日、566地点で気温30度以上の真夏日となりました。

北海道佐呂間町では気温39度を超え、帯広でも35度を超えて温度計が振り切れて計測不能という珍事もありました。

翌日も猛暑は関東地方から北にかけて居座り、文字通り日本列島がうだったので した。

この異常な暑さは、気象庁によるとしばらくは落ち着くようです。

しかし油断は出来ません。地球規模の温暖化のせいという話もありますから、これからも猛暑が繰り返されることでしょう。

敵は天気です。私たちが現象を変えることはできませんね。日頃から油断せずに、十分な備えをしておく必要があります。

天気予報に注意する

まず、天気予報に注意が必要です。もし気温35度を超える高温注意情報が出されたら、できれば外出は控えるべきでしょう。油断は禁物です。

35度にならなくても、慎重に自己の体力と相談して外出の有無を決めた方がいいですね。

暑さ対策を講じて外出

もし、どうしても外出しなければならないなら、日焼け止めクリームを使用して、水筒、日傘、帽子、扇子などの暑さ対策を講じてから外出すべきです。

移動も、出来るだけ直射日光を避ける工夫が必要です。もちろん、水分補給はこまめに実行しなければなりません。

それでも、途中気分が悪くなるようなことがあったら、ためらわずにタクシー等で病院に向かうか、救急車を呼ぶべきです。

家族同士で気をつけ合う

家にいても、さらには日が沈んだ夜にも熱中症にかかる例が増えています。意識して水分補給するのは当然です。

クーラーも運転するようにしましょう。お年寄りの中には、若い時の感覚で、クーラーはつけずに夏を乗り切ろうとする方が少なくないようです。

電気代を辛抱するという発想があるかも知れませんが、近頃の夏の暑さをなめてはいけません。お年寄りだけでなく、家族同士で気をつけ合うことが大事です。

幼児を歩かせて、或いは乳母車で外出するときは、大人以上に道路の輻射熱(ふくしゃねつ)を浴びていることもお忘れなく。

繰り返しますが、油断すると熱中症にやられます。お互い、無事に夏の暑さを無事に乗り切りましょう。

-社会

執筆者:

関連記事

全国に急増する「子ども食堂」の背景と抱える問題とは

「子供食堂」が増えています。全国で約3700カ所あります。昨年から1400ヵ所も増えたことになります。 推計で年間160万人の利用者だそうです。急増した背景に何があるのでしょうか。 子供食堂の存在を多 …

日本人の平均寿命が過去最高に。でも健康寿命は? 「ロコモ」や「廃用症候群」にご注意

2018年の日本人の平均寿命がまた延びました。女性は前年より0.05歳延びて87.32歳。男性は0.16歳延びて81.25歳です。 連続して過去最高を更新 女性が6年連続、男性が7年連続で過去最高を更 …

松井美緒さん、夫・稼頭央選手のために20年間、料理15品を毎日作り続けた秘密

プロ野球西部の2軍監督、松井稼頭央氏の妻・美緒さん(48)が、20年間毎日15品を作り続けたエプロン賢妻振りが話題になっています。 「松井家のおもてなしごはん」 著書「松井家のおもてなしごはん~おいし …

小川彩佳アナ6月からTBS「ニュース23」メインキャスターに就任、こんな人

テレビ朝日「報道ステーション」の元サブキャスターだった小川彩佳(あやか)アナウンサー(34)が、TBS「ニュース23」のメインキャスターに起用されることが発表されました。小川アナといえば、昨年「報道ス …

「終身雇用は守れない」経団連会長の発言に「今さら」の声噴出 。問題は働く人の生活をどう護るかです

経団連中西宏明会長(日立製作所)が「終身雇用制度を守るのは無理と経営者はみんな考えている」と発言しました。中西会長は、新卒の4月一括採用が学生を就活に走らせ、学業に身が入らないので、大学側と採用方法を …