ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

直木賞候補作、史上始めて!朝倉かすみ、澤田瞳子、柚木麻子、原田マハら六人全員が女性。果たして受賞するのは誰か?

投稿日:2019年6月16日 更新日:

、澤田瞳子、第161回芥川賞・直木賞の候補作が発表されました。7月17日の選考会で受賞作が決まります。直木賞は、芥川・直木賞史上始めて、候補作全部が女性の作品です。

女性の受賞はますます増える

候補作全部が女性の手になるものとは時代の雰囲気を感じさせます。近年、文学賞に女性の名前が目立つように思っていましたが、ついにここまできたか、という感慨です。

この傾向は、今後ますます強くなっていくと思います。女性の社会進出の必要性が叫ばれて久しいですが、実態はまだまだですね。

文学の世界ではいち早く実現したのでしょうか。男性陣の奮起も望みたいですね。

大事なことは女性であれ男性であれ、作品の質です。近年、芥川賞と直木賞の境界が低くなっているように感じています。個人的には、まず面白い小説、上手な小説であることを1番の条件にしています。ことに大衆文学である直木賞に期待します。

候補者はいずれも実力者揃い

今回直木賞にノミネートされたのは、朝倉かすみ「平場の月」大島真寿美「渦候補作、<も、  妹背山(いもせやま)婦女 庭訓 魂結び(おんな ていきん たまむすび)」

窪美澄「トリニティ」澤田瞳子「落花」原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー」柚木麻子「マジカルグランマ」

朝倉さん作品「平場の月」は山本周五郎賞受賞。大島真寿美さんは、2014年の直木賞でも「チョコリエッタ」でノミネートされています。

窪美澄さんは、これまで2009年山本周五郎賞「ふがいない僕は空をみた」2012年山田風太郎賞「晴天の迷いクジラ」、2018年「じっと手を見る」で直木賞ノミネートの実績があります。

澤田瞳子さんは2012年新田次郎文学賞「満つる月の如し 仏師・定朝」、2017年「火定」で直木賞ノミネート。

原田マハさんは2012年山本周五郎賞「楽園のカンバス」、2017年新田次郎文学賞「リーチ先生」。

柚木麻子さんは、直木賞ノミネート2013年「伊藤くんAtoE」、2014年「本屋さんのダイアナ」2017年「BUTTER」と、これまで3回直木賞候補に挙げられました。2015年には「ナイルパーチの女子会」で山本周五郎賞を受賞しています。

候補者の経歴を見ると、いずれも実力者揃いであることが分かります。誰が受賞するか予想は難しいですね。

芥川賞も女性優勢

一方、芥川賞候補は、古市憲寿「百の夜は跳ねて」、李琴峯(りことみ)「五つ数えれば三日月が」など5作品です。

社科学者の古市さんは前回作「平成くん、さようなら」に続き、2回連続のノミネートです。李さんは台湾育ちです。母語は中国語ですが、日本語で作家活動しています。

芥川賞も、候補5人のうち3人は、李さんはじめ3人は女性です。今村夏子「むらさきのスカートの女」、高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」。

今村さんは3度目、高山さんは2度目のノミネートです。

皆さんはどの作品の受賞を予想されるでしょうか。

 

-社会

執筆者:

関連記事

今が祭りの真っ最中の博多祇園山笠とは

私が住む福岡市は1日に始まった 博多祇園山笠祭りの真っ最中です。 といっても祭りの会場は、那珂川と御笠川の間にある博多部を中心に繰り広げられています。 天正15年(1587年)、豊臣秀吉が実施した「太 …

「定年夫婦のトリセツ」が結婚70年時代を救う!

ベストセラー「妻のトリセツ」(黒川五保子著)をこのブログで紹介しました。 ベストセラー「妻のトリセツ」は世の夫をはたして救うか 離婚の危機に陥らないために こんど同じ著者が「定年夫婦のトリセツ」を著し …

ノートルダム大聖堂燃える!大聖堂とは?深く理解する小説

有名なバラ窓は残ったようですが・・ パリの世界遺産の一角、ノートルダム大聖堂が火災にあい、フランス国民はもとより世界中に衝撃を与えました。特徴的だった96メートルの尖塔と、上から見ると十字架型に配置さ …

メダカが1ペアで250万円! の仰天価格、ブームの背景にある手軽な飼い方

メダカが静かなブームだと言います。確かに田舎の道の駅などに寄ると水槽を並べてメダカを売っています。 ふと、自分でも飼ってみようかなと思うこともあります。手軽そうですからね。 「出目悪魔」という超高額メ …

松井美緒さん、夫・稼頭央選手のために20年間、料理15品を毎日作り続けた秘密

プロ野球西部の2軍監督、松井稼頭央氏の妻・美緒さん(48)が、20年間毎日15品を作り続けたエプロン賢妻振りが話題になっています。 「松井家のおもてなしごはん」 著書「松井家のおもてなしごはん~おいし …

人気記事トップ10