ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

香港200万人デモの理由と、知っておくべき背景とは

投稿日:2019年6月17日 更新日:

香港のデモが止まりません。9日に「逃亡犯条例」改正案に反対する民衆100万人が街頭に出て抗議活動をしました。

 

この人数は、香港市民700万人の、7人に一人です。これに対して香港特別行政府長官が不手際を詫び、改正案の年内凍結を発表しました。

 

しかし市民たちは、これに納得せず、あくまで改正案の撤廃を求めて、16日には200万人が抗議デモに参加したのです。

 

香港市民の4人に1人が参加したことになります。その後も、抗議活動は終息の気配を見せていません。

 

改正「逃亡犯条例」が市民の言論の自由を奪う

「逃亡犯条例」とは何でしょうか。海外で犯罪を犯して香港に逃げてきた逃亡犯を、要請があればその国に引き渡すというものです。

 

そのためには引き渡し条約を結ぶ必要があります。香港は、すでに30カ国と条約を結んでいます。改正案は、条約の相手国を増やそうというものです。

 

その相手国の中に中国も入る、ということで市民が強く反発したのです。

 

共産党独裁の中国では、言論や思想の自由な表明に対して厳しく取り締まっています。

 

そのために拘禁や拷問など人権を踏みにじる事例が頻発して諸外国が非難しています。

 

改正案が通れば、政治批判をしただけで「国家転覆罪」に問われるかも知れないという恐怖が、市民をデモに駆り立ているのです。

 

この条例は香港住む外国人にも適用されます。

「1国2制度」の骨抜きを画策する中国

市民のこうした動きの背景には、香港を中国に返還した1997年以来の歴史があります。

 

中国は共産党が支配する社会主義国家ですが、香港はそれまで英国の施政下にあったとはいえ、自由と民衆主義の資本主義体制でした。

 

香港返還に当たって中国政府は、「1国二制度」を認め、50年間は香港の自治を保障したのです。しかしこの約束は破られました。

 

民主主義の根本である選挙制度に干渉して、中国寄りの議員や行政府の長しか選ばれない仕組みに改変してしまったのです。

 

これに反対するデモも2014年に起きましたが当局の弾圧に屈しました。「雨傘運動」と呼ばれた抗議デモです。

 

名前の由来は、警察の催涙弾から身を守るためにデモ参加者が雨傘を開いて持ち歩いたことから、と言われています。

 

中国に強い不信感と恐怖心

「逃亡犯条例」改正に反対して200万人もの市民がデモに参加した背景には、民衆主義を奪われたうえに、言論の自由も奪われるという、市民の強い危機意識があります。

 

共産中国に対する不信感と恐怖心があります。そうなれば香港は香港でなくなる、というの市民たちに共通した思いです。

 

私の意見は、香港の騒動を対岸の火事と傍観するだけではだめだと思います。

 

中国のことは中国に決めさせるしかないと思いますが、香港に関しては、長い歴史を背負っている香港市民の意思を尊重すべきでしょう。

 

日本は自由と民主主義の国です。その意味では、香港は共産中国からの自由主義体制侵略を防ぐ「思想の防波堤」ともいうべき存在です。

 

日本と香港は深い経済的つながりもあります。日本は、国際的公約である「1国2制度」を侵す中国に抗議するとともに、香港市民との連帯を表明すべきではないかと考えます。

香港100万人デモに人民解放軍? 自走砲? 市民の自由の行方は・・・

-社会

執筆者:

関連記事

八村塁のNBA1巡指名でわかったバスケ競技界の凄さ

日本人で初めてアメリカのプロバスケットリーグNBAドラフトで1巡指名された八村塁選手の話題で、これまで脚光をあびることが少なかったバスケットボール競技の人気が一躍上がりそうです。 彼を1位指名したワシ …

天皇陛下を慰めた「夜明けのスキャット」

4月30日のご退位を前に天皇、皇后両陛下の即位30年と、ご成婚60年を祝う音楽会が、皇居東御苑の桃華音楽堂で開かれました。桃華音楽堂は一般にあまり知られていませんね。桃華音楽堂は、昭和41年に、音楽好 …

「年金不足で老後2000万円用意して」は参院選の争点?

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか 慌てて「言い訳」に走った麻生大臣 金融庁が発表した、年金だけでは老後の生活に足りないから資産形成を、という指針発表に反発が広がっています。 麻生 …

最低賃金が平均901円に、は果たして妥当か

最低賃金(時給)は、雇用者が勤労者に最低限支払わなければならない給料のことです。 最低賃金は経営者、労働者、学識経験者の代表らが協議して決められます。実際には、秋以降に改正されます。 今回の引き上げ幅 …

「定年夫婦のトリセツ」が結婚70年時代を救う!

ベストセラー「妻のトリセツ」(黒川五保子著)をこのブログで紹介しました。 ベストセラー「妻のトリセツ」は世の夫をはたして救うか 離婚の危機に陥らないために こんど同じ著者が「定年夫婦のトリセツ」を著し …