ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

全国に急増する「子ども食堂」の背景と抱える問題とは

投稿日:2019年6月27日 更新日:

「子供食堂」が増えています。全国で約3700カ所あります。昨年から1400ヵ所も増えたことになります。

推計で年間160万人の利用者だそうです。急増した背景に何があるのでしょうか。

子供食堂の存在を多くの人が知るようになったこと。周囲に一人で食事する「孤食」や食事抜きの子供が増えていること。

ボランティア意識の高まり、などが考えられます。

はじめ「子ども食堂」は、経済的に厳しい家庭の子供や、一人でご飯を食べる「孤食」の子供に温かいご飯を提供しようとスタートしました。

完全にボランティアです。

ボランティアが自宅で開催する例も

自宅を開放して始めた人や、公民館などを利用している例など、その形態も規模もさまざまです。

子供だけでなく、大人も利用できる食堂が多いようです。

開催も、月に1~2回、週に3~4回など、やはりさまざまです。毎日開いている所もあります。

食事代は子供は無料。大人は300円程度徴収しているようですが、これも各「子ども食堂」の方針で違います。

貧困対策にならないが大きな役割

「子ども食堂」と聞くと、貧困対策を思い浮かべる人もいるかも知れませんね。

残念ながら食事を提供するだけでは貧困対策に程遠いです。でも、大きな役割を果たしつつあります。

しかし、今この日本に、相対的貧困状態と定義される子供が280万人いることも事実です。7人に1人です。

これはOECD(経済協力開発機構)加盟の34か国中、10番目に高い数字です。

これが「経済大国ニッポン」を一皮むいて見える現実です。

※ 相対的貧困= 国内の人々の所得を上から下まで並べて、その真ん中の数値の半分以下の状態。4人家族で年収240万円以下が一つの目安

子育て支援、地域住民の交流の場にも

実際に「子ども食堂」の現状を、いくつかのルポを読んで知りました。それらの報告によると、単に子供に食事を提供するだけではありません。

子ども同士の交流、地域住民の交流、子育て支援、などに広がっていることが分かります。

現代の日本は地縁関係が薄れ、核家族化が進み、共働きが増えています。ひとり親世帯も増えています。

こうした状況の中で「子ども食堂」は、灯台のような役割をしているように感じました。

この光は、もっとたくさん、もっと遠くまで届いてほしいものだと思います。

不足する活動資金とスタッフ

「子ども食堂」が抱える問題もあります。内閣府の調査では「子ども食堂」の活動資金は不足しています。ボランティアで運営するスタッフも、半数の「子ども食堂」が足りないと報告しています。

「子ども食堂」で提供する食材などは近隣の農家に分けてもらったり、寄付に頼ったりしている所が多いようです。

中には、赤字は主催者が補填している例もあります。

細かく条件付けない公的式資金の投入を

「子ども食堂」が社会を明るく照らす存在であることは間違いありません。私は公的資金を積極的に投入、助成すべきではと考えます。

ただし、お役所仕事にありがちな、細かい条件なしでです。

「子ども食堂」の主催者からは、公的資金はありがたいが自由を奪われる、と危惧する声もあります。

子どもの貧困は政治の責任

もともと、7人に一人の子どもが相対的貧困の状態にあるのは政治の失態です。

政治が子ども食堂の活動を応援するのは当然ではありませんか。

なお、子ども食堂を利用する子供について、最も貧困(絶対的貧困)の子どもは参加できてないのでは、という指摘があります。

そういう家庭の子どもには「子ども食堂」の情報が届いてないと危惧されているのです。この辺は、行政の協力があれば解決できると思うのですが。

 

 

-社会

執筆者:

関連記事

今が祭りの真っ最中の博多祇園山笠とは

私が住む福岡市は1日に始まった 博多祇園山笠祭りの真っ最中です。 といっても祭りの会場は、那珂川と御笠川の間にある博多部を中心に繰り広げられています。 天正15年(1587年)、豊臣秀吉が実施した「太 …

NHK朝ドラが土曜日に放送しなくなる働き方改革とは

NHKは朝ドラ(連続テレビ小説)を、来年春放送の「エール」(窪田正孝さん主演)から、土曜日は放送しない「短縮」をするらしいです。 今、朝ドラは100作目の「なつぞら」を月曜から土曜日まで放送中です。 …

新元号「令和」の出典の万葉集32首の梅の歌 序文とは

新元号が「令和」に決まりました。これまで中国の古典を典拠として決められた元号ですが 今回は日本の古典、万葉集の梅の歌(32首)序文から取られています。以下に、その部分を紹介します。 『天平二年正月十三 …

大惨事の京アニメが生んだ「けいおん!」など優秀作品の数々

地方で優れたアニメ作品を生み出してきた「京都アニメーション」スタジオが、放火というとんでもない事件に巻き込まれました。社員に多くの死傷者を出しました。 これから日本のアニメ界を背負っていくと期待される …

少年革命家 ゆたぽん「不登校は不幸じゃない」の意外な評判

沖縄・宜野湾市で「ハイサイまいど!」で始まる動画を提供している小学校4年生の男の子「ゆたぽん」(中村逞珂=ゆたか君・10歳)が話題になっています。最初に琉球新報が報じました。ゆたぽんは、「不登校は不幸 …

人気記事トップ10