ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

全国に急増する「子ども食堂」の背景と抱える問題とは

投稿日:2019年6月27日 更新日:

「子供食堂」が増えています。全国で約3700カ所あります。昨年から1400ヵ所も増えたことになります。

推計で年間160万人の利用者だそうです。急増した背景に何があるのでしょうか。

子供食堂の存在を多くの人が知るようになったこと。周囲に一人で食事する「孤食」や食事抜きの子供が増えていること。

ボランティア意識の高まり、などが考えられます。

はじめ「子ども食堂」は、経済的に厳しい家庭の子供や、一人でご飯を食べる「孤食」の子供に温かいご飯を提供しようとスタートしました。

完全にボランティアです。

ボランティアが自宅で開催する例も

自宅を開放して始めた人や、公民館などを利用している例など、その形態も規模もさまざまです。

子供だけでなく、大人も利用できる食堂が多いようです。

開催も、月に1~2回、週に3~4回など、やはりさまざまです。毎日開いている所もあります。

食事代は子供は無料。大人は300円程度徴収しているようですが、これも各「子ども食堂」の方針で違います。

貧困対策にならないが大きな役割

「子ども食堂」と聞くと、貧困対策を思い浮かべる人もいるかも知れませんね。

残念ながら食事を提供するだけでは貧困対策に程遠いです。でも、大きな役割を果たしつつあります。

しかし、今この日本に、相対的貧困状態と定義される子供が280万人いることも事実です。7人に1人です。

これはOECD(経済協力開発機構)加盟の34か国中、10番目に高い数字です。

これが「経済大国ニッポン」を一皮むいて見える現実です。

※ 相対的貧困= 国内の人々の所得を上から下まで並べて、その真ん中の数値の半分以下の状態。4人家族で年収240万円以下が一つの目安

子育て支援、地域住民の交流の場にも

実際に「子ども食堂」の現状を、いくつかのルポを読んで知りました。それらの報告によると、単に子供に食事を提供するだけではありません。

子ども同士の交流、地域住民の交流、子育て支援、などに広がっていることが分かります。

現代の日本は地縁関係が薄れ、核家族化が進み、共働きが増えています。ひとり親世帯も増えています。

こうした状況の中で「子ども食堂」は、灯台のような役割をしているように感じました。

この光は、もっとたくさん、もっと遠くまで届いてほしいものだと思います。

不足する活動資金とスタッフ

「子ども食堂」が抱える問題もあります。内閣府の調査では「子ども食堂」の活動資金は不足しています。ボランティアで運営するスタッフも、半数の「子ども食堂」が足りないと報告しています。

「子ども食堂」で提供する食材などは近隣の農家に分けてもらったり、寄付に頼ったりしている所が多いようです。

中には、赤字は主催者が補填している例もあります。

細かく条件付けない公的式資金の投入を

「子ども食堂」が社会を明るく照らす存在であることは間違いありません。私は公的資金を積極的に投入、助成すべきではと考えます。

ただし、お役所仕事にありがちな、細かい条件なしでです。

「子ども食堂」の主催者からは、公的資金はありがたいが自由を奪われる、と危惧する声もあります。

子どもの貧困は政治の責任

もともと、7人に一人の子どもが相対的貧困の状態にあるのは政治の失態です。

政治が子ども食堂の活動を応援するのは当然ではありませんか。

なお、子ども食堂を利用する子供について、最も貧困(絶対的貧困)の子どもは参加できてないのでは、という指摘があります。

そういう家庭の子どもには「子ども食堂」の情報が届いてないと危惧されているのです。この辺は、行政の協力があれば解決できると思うのですが。

 

 

-社会

執筆者:

関連記事

小室圭さん、夏休み帰国するの?と世間が騒がしい

眞子内親王のお相手、小室圭さんが留学中の米国から夏休み帰国するのかどうか、マスコミが騒いでいます。いわば膠着状態にあるお二人の結婚問題に何らかの進展があるかも、と期待してのことでしょう。結論から言えば …

最低賃金が平均901円に、は果たして妥当か

最低賃金(時給)は、雇用者が勤労者に最低限支払わなければならない給料のことです。 最低賃金は経営者、労働者、学識経験者の代表らが協議して決められます。実際には、秋以降に改正されます。 今回の引き上げ幅 …

改正動物愛護法でワンニャンの命は救えますか?

犬猫にマイクロチップ装着 犬や猫の虐待のニュースが後を絶ちません。改正動物愛護法が6月中に成立することになりました。 動物愛護団体などが働きかけ、超党派の議員連盟が提案しているものです。動物愛護の趣旨 …

「表現の不自由展・その後」政治家の中止要請は憲法を踏みにじる行為

「国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が、河村名古屋市長の強い抗議で中止に追い込まれました。 憲法が保証する「表現の自由」が民主社会を守る これに対して、実行委員会会長 …

「年金不足で老後2000万円用意して」は参院選の争点?

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか 慌てて「言い訳」に走った麻生大臣 金融庁が発表した、年金だけでは老後の生活に足りないから資産形成を、という指針発表に反発が広がっています。 麻生 …

人気記事トップ10