ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

全国に急増する「子ども食堂」の背景と抱える問題とは

投稿日:2019年6月27日 更新日:

「子供食堂」が増えています。全国で約3700カ所あります。昨年から1400ヵ所も増えたことになります。

推計で年間160万人の利用者だそうです。急増した背景に何があるのでしょうか。

子供食堂の存在を多くの人が知るようになったこと。周囲に一人で食事する「孤食」や食事抜きの子供が増えていること。

ボランティア意識の高まり、などが考えられます。

はじめ「子ども食堂」は、経済的に厳しい家庭の子供や、一人でご飯を食べる「孤食」の子供に温かいご飯を提供しようとスタートしました。

完全にボランティアです。

ボランティアが自宅で開催する例も

自宅を開放して始めた人や、公民館などを利用している例など、その形態も規模もさまざまです。

子供だけでなく、大人も利用できる食堂が多いようです。

開催も、月に1~2回、週に3~4回など、やはりさまざまです。毎日開いている所もあります。

食事代は子供は無料。大人は300円程度徴収しているようですが、これも各「子ども食堂」の方針で違います。

貧困対策にならないが大きな役割

「子ども食堂」と聞くと、貧困対策を思い浮かべる人もいるかも知れませんね。

残念ながら食事を提供するだけでは貧困対策に程遠いです。でも、大きな役割を果たしつつあります。

しかし、今この日本に、相対的貧困状態と定義される子供が280万人いることも事実です。7人に1人です。

これはOECD(経済協力開発機構)加盟の34か国中、10番目に高い数字です。

これが「経済大国ニッポン」を一皮むいて見える現実です。

※ 相対的貧困= 国内の人々の所得を上から下まで並べて、その真ん中の数値の半分以下の状態。4人家族で年収240万円以下が一つの目安

子育て支援、地域住民の交流の場にも

実際に「子ども食堂」の現状を、いくつかのルポを読んで知りました。それらの報告によると、単に子供に食事を提供するだけではありません。

子ども同士の交流、地域住民の交流、子育て支援、などに広がっていることが分かります。

現代の日本は地縁関係が薄れ、核家族化が進み、共働きが増えています。ひとり親世帯も増えています。

こうした状況の中で「子ども食堂」は、灯台のような役割をしているように感じました。

この光は、もっとたくさん、もっと遠くまで届いてほしいものだと思います。

不足する活動資金とスタッフ

「子ども食堂」が抱える問題もあります。内閣府の調査では「子ども食堂」の活動資金は不足しています。ボランティアで運営するスタッフも、半数の「子ども食堂」が足りないと報告しています。

「子ども食堂」で提供する食材などは近隣の農家に分けてもらったり、寄付に頼ったりしている所が多いようです。

中には、赤字は主催者が補填している例もあります。

細かく条件付けない公的式資金の投入を

「子ども食堂」が社会を明るく照らす存在であることは間違いありません。私は公的資金を積極的に投入、助成すべきではと考えます。

ただし、お役所仕事にありがちな、細かい条件なしでです。

「子ども食堂」の主催者からは、公的資金はありがたいが自由を奪われる、と危惧する声もあります。

子どもの貧困は政治の責任

もともと、7人に一人の子どもが相対的貧困の状態にあるのは政治の失態です。

政治が子ども食堂の活動を応援するのは当然ではありませんか。

なお、子ども食堂を利用する子供について、最も貧困(絶対的貧困)の子どもは参加できてないのでは、という指摘があります。

そういう家庭の子どもには「子ども食堂」の情報が届いてないと危惧されているのです。この辺は、行政の協力があれば解決できると思うのですが。

 

 

-社会

執筆者:

関連記事

「年金不足で老後2000万円用意して」は参院選の争点?

国が年金サジ投げた?私達は人生100年時代生き残れるか 慌てて「言い訳」に走った麻生大臣 金融庁が発表した、年金だけでは老後の生活に足りないから資産形成を、という指針発表に反発が広がっています。 麻生 …

痴漢撃退に安全ピンで対策の代わりにと、ハンコのシャチハタが乗り出す

ハンコのシャチハタがツイッターで、痴漢対策に「本気で」取り組むと発信しました。不届きな痴漢の手に、被害者が「痴漢」のハンコをポンと押して撃退しようというものです。 安全ピンを痴漢の手に刺す 痴漢撃退に …

東京五輪公式ユニフォーム監修の尾花大輔さんはこんな人

ユニフォーム公式アンバサダーがお披露目 2020年東京五輪の聖火リレーのルート概要が発表されました。およそ1万人が聖火をつないで857市区町村を周ります。 聖火ランナーが着用する公式ユニフォームも発表 …

熱中症の救急患者激増!記録的暑さに対策を確認しよう

総務省消防庁によると5月20日~26日、1週間で、熱中症で救急搬送された患者が2053人に上ることが分かりました。 これは、その前の週に比べて約4倍、前年同期比でも3.6倍になります。日本列島を襲った …

やました ひでこ著「人生を変える断捨離」はまれにみる良書

「断・捨・離」(だんしゃり)がブームになったのは8年前でした。今、再び断捨離ブームがくるかもと期待しています。 「断捨離」という言葉に、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか? 単純に「モノを捨てる …