ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

悪質な不正転売行為を取り締まる「チケット不正転売防止法」とは

投稿日:

老舗和菓子店「木挽町よしや」が自店の名物どら焼きがAmazonで無断転売されていると、怒りをツイッターに投書して大きな話題になっています。

名物どら焼きを7倍超の値段で販売

「プレミアムギフト表参道店」を名乗る転売者は、「よしや」店頭で5個入り700円で販売している商品を7倍超の4980円で転売しています。

こんな高値で買う人がいるから出品したのでしょうが、スゴイですね。

問題のどら焼きは、多い日には1日1000個以上売れる超人気商品です。店頭・予約のみの販売で、1週間待ちになることもあるそうです。

被害にあったお店側は、Amazonに取り消しを要求しました。Amazonから謝罪文が届いたそうですが、出品者は教えられないと言っているそうです。

お店の努力を無にする転売

お店は、美味しいどら焼きを、適正な値段でお客に食べてもらおうと努力しているのです。高額転売なんて、まったく腹立たしい限りでしょう。

お店がとくに心配するのは、食べ物の管理の問題です。衛生的なこともそうですが、賞味期限の問題があります。

お店は、購入した当日から翌日までに食べるようお客に求めています。「高額どら焼き」は「賞味期限3日」としてあり、お店からすれば売り物の風味にもかかわる重大な問題でしょう。

転売行為を法律で規制するのは難しい

しかし、転売行為自体は、Amazonに消すよう求めることはできても、法律で規制することは難しいようです。

需要があるから供給が生まれるのは、市場経済の原理だからです。

だからといって、「よしや」のように真面目な生産者、供給者を一方的に脅かすことが許されていいと思いません。

結局、消費者にとってもよくないですね。何らかの規制が必要ではないでしょうか。

実は、高額転売の問題は、商品に価値があり、供給が少ないとき発生しやすいのです。

典型的な例は、コンサートやスポーツ観戦など興業のチケットです。

チケット転売禁止法がスタート

これまで社会問題として議論されてきましたが、今年6月14日、取り締まるための法律「チケット転売防止法」がスタートしました。

この法律では、特定興行入場券(チケット)の不正転売や、不正転売を目的としてチケットを譲り受けることを禁じています。

違反したときの罰則は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。

転売規制対象の特定興業入場券とは

特定興行入場券とは、不特定または多数の者に販売されるチケットです。かつ、

①有償譲渡の禁止が記載 ②興業の日時・場所・座席(または入場資格者)を指定 ③購入者の使命と連絡先の確認措置の記載。

以上3つの条件を満たしたチケットのことです。これに該当しないチケットは、「チケット不正転売禁止法」の対象外になります。

法律は大事ですが、高額転売は許さないという消費者の自覚も必要だと思いますね。

 

-社会

執筆者:

関連記事

子どもが「将来なりたい職業」から見える次の時代

皆さんは子どもの頃、将来なりたい職業はなんだったか覚えていますか? 日本FP(ファイナンシャル・プランナー)協会が2018年小学生の「将来なりたい職業」を発表しました。 30年前「サッカー選手」の希望 …

天皇陛下を慰めた「夜明けのスキャット」

4月30日のご退位を前に天皇、皇后両陛下の即位30年と、ご成婚60年を祝う音楽会が、皇居東御苑の桃華音楽堂で開かれました。桃華音楽堂は一般にあまり知られていませんね。桃華音楽堂は、昭和41年に、音楽好 …

丸山議員のトンデモ発言で北方領土に国民の関心再燃する?

日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35、大阪19区)の発言が大きな問題になっています。丸山議員は北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として同行しました。元島民の団長に対して、「戦争でこの島を取り返すのは賛 …

大惨事の京アニメが生んだ「けいおん!」など優秀作品の数々

地方で優れたアニメ作品を生み出してきた「京都アニメーション」スタジオが、放火というとんでもない事件に巻き込まれました。社員に多くの死傷者を出しました。 これから日本のアニメ界を背負っていくと期待される …

「定年夫婦のトリセツ」が結婚70年時代を救う!

ベストセラー「妻のトリセツ」(黒川五保子著)をこのブログで紹介しました。 ベストセラー「妻のトリセツ」は世の夫をはたして救うか 離婚の危機に陥らないために こんど同じ著者が「定年夫婦のトリセツ」を著し …