ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

生活

7PAYの不正アクセスで関心を呼ぶスマホ決済

投稿日:2019年7月5日 更新日:

7月にスタートしたばかりのスマホ決済「7PAy」が不正ログイン被害を受けました。

その事件をマスコミが報道したことで、スマホ決済に対する世間の関心が集まる皮肉なことになっています。

スマホ決済とは、現金で支払わずスマホに持たせた機能を利用して支払いを済ませるものです。

後でご紹介するように、スマホ決済は3種類に分別されます。

甘かったセキュリティ

「7PAY」の不正ログイン被害は短期間に900名、5500万円に及びました。

その手口は、不正に入手した他人のメールアドレス、パスワードを使い、勝手にチャージして買い物します。

チャージとは、7PAYに紐づけされた銀行口座やクレジットカードからお金を引き出して使えるようにすることです。

なんでそんなことができたのか、セキュリティが甘かったからですね。

会社の焦りが生んだ不正ログイン

一般的には二段階認証という方法を採用して、他人に悪用されないようブロックしています。

二段階認証とは、メールアドレス、パスワード、端末を登録すると、登録したSMSに、会社から改めて認証コードが送られます。

これを認証して、初めて本人確認ができるわけです。

このシステムがないと、第三者がパスワードや電話番号を書き換えるなどして、別の端末から簡単に不正ログインができたと見られています。

被害を受けて「7PAY]は、二段階認証を採用するなどセキュリティ強化策を改めて発表しています。

もともとスマホ決済で遅れを取っていた焦りが、杜撰なセキュリティになったようです。この失敗の痛手は大きいですね。

スマホ決済は3種類

ところで、一口にスマホ決済といっても3つに分かれます。

① キャリア決済  IDとパスワードがあれば、ECサイトの買い物料金を携帯電話料金と合算して支払います。

クレジットカードは要りません。

② 非接触IC決済  Google PayやApple Pay、オサイフケータイがこれに当たります。

アプリに電子マネーをチャージして使います。クレジットカード登録が必要です。

③ QRコード決済  PayPay、LinePay、FamiPay、楽天Pay、7pay などです。

スマホに決済アプリを入れて、表示したQRコードを店舗で読み取ってもらう、あるいは逆に店舗のQRコードを読み取るやり方です。

クレジットカードがなくても、銀行口座があれば利用できます。

スマホ決済に走る各社の思惑

今やスマホ決済は雨後の竹の子のように増えつつあり、大波が消費者に押し寄せています。

これは消費者の便利というより、各社の都合、戦略によるものです。

スマホ決済に取り込むことによって顧客を囲い込み、消費行動のデータを使って商売拡大に利用しようという狙いです。

そのために、数百億円もかけてお金をばらまくような特別キャンペーンもします。それでも採算は取れると読んでいるのです。

政府は、政策としてキャッシュレス化を進めていますので、この流れは止まらないと思います。

習慣化された消費行動にのみ利用する

私たちはスマホ決済の大波にどう向かえばよいのでしょうか。

特別キャンペーンなどで踊らされ一時的にトクしたように思っていても、結局ムダな出費が増えかねないと、専門家は指摘します。

スマホ決済は1つか2つ選んで登録し、習慣化された消費行動にのみ使うようにアドバイスしています。

習慣化された消費行動とは、毎回必ず行く美容院、コンビニなどです。

ぜひ参考にしたいものです。

-生活

執筆者:

関連記事

美智子上皇后の白内障手術はこんな病気

美智子上皇后が左右両眼の白内障手術を都内の病院で受けました。幸い手術は成功して順調に回復していると伝えられています。 時間が経てば手遅れのケースも しかし施術した医師は、もう少し時間が経っていれば危な …

ビワの種子茶は危ないと日本医師会がホームページで警告、ガンにも効かないよ

我が家にはビワの木が1本あります。毎年沢山の実をつけてくれて、家族や近所の人たちを楽しませてくれます。 ビワのタネ(種子)は1個の実に3~4個入っています。もちろん果肉を食べてタネは捨てています。 で …

財前直美、終活ライフケアプランナーの「親と子が失敗しない生前整理」はお勧め

テレビ番組「何だコレ?!&林修ドリル  日本の謎を大調査sp」で、女優の財前直美さんが、生前に整理すると、本人や遺族にも役に立つ知恵を教えてくれました。 財前さんは終活ライフケアプランナーの資 …

ネット「マナーポリス」の正体を考える

東洋経済オンラインに岡本純子コミュニケーション・ストラテジスト(投資運用の専門家)が掲載した一文が、ツイッターで反響を呼んでいます。反響の多くは岡本氏の文章に共感を示しています。私もこの文章を読んで共 …

かんぽ生命不利益契約から学ぶ、保険でやってはいけないこととは

日本郵政グループの生命保険会社・かんぽ生命の不正契約が明らかになり、大きな社会問題になっています。 乗り換え契約で顧客に不利益、2万3900件 不正契約は、他社の保険に加入していた人を説得して、かんぽ …

人気記事トップ10