ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

新元号「令和」の出典の万葉集32首の梅の歌 序文とは

投稿日:2019年4月1日 更新日:

新元号が「令和」に決まりました。これまで中国の古典を典拠として決められた元号ですが 今回は日本の古典、万葉集の梅の歌(32首)序文から取られています。以下に、その部分を紹介します。

『天平二年正月十三日に、帥(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きゃうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薰(かをら)す。

加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏に忘れ、衿(えり)たを煙霞の外に開く。

端然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若しかん苑にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述(の)べむ。詩に落梅の篇を 紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宣(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。』

作者は山上憶良か

この序文は、太宰府の大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で開かれた宴会で歌われた梅の歌32首に付けられたものです。作者は山上 憶良(やまのうえおくら)だと言われています。大伴旅人は、当時大陸文化の窓口であった太宰府の高級役人でした。

梅は大陸から渡来した珍しい花だった

梅の花は、今や桜の花とともに日本人に愛される花です。しかし万葉集の当時は大陸から渡来して、珍しい花だったそうです。万葉集は1200年前に編まれた我が国最古の歌集です。その中で梅花 を詠んだ歌120首は、花を詠んだ歌としては萩に次いで多いです。万葉集には入っていませんが、同時代、太宰府で歌われた 有名な梅の歌は菅原道真(すがわらのみちざね)の「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花、主(あるじ)なしとて春 を忘るな」 があります。

梅花の宴、博多人形ジオラマで再現

梅花の宴が開かれた大伴旅人の邸宅跡には坂本八幡宮が建っています。「令和」発表後、参拝客が急速に増えているそうです。太宰府市はブームを当て込んで「令和」7観光策を検討中です。大宰府政庁の遺構を保存公開している大宰府展示館は「令和」の由来となった梅花の宴が、博多人形のジオラマで展示してあります。

-社会

執筆者:

関連記事

「淡水魚の絶滅危惧30種」に寄せられた自然破壊への警鐘

  国際自然保護連合が発表したレッドリスト(絶滅の恐れある野生生物のリスト)に、新規の評価で日本の淡水魚30種が載って関心を呼んでいます。 日本の淡水魚絶滅危惧30種とは リストは、深刻な危 …

やました ひでこ著「人生を変える断捨離」はまれにみる良書

「断・捨・離」(だんしゃり)がブームになったのは8年前でした。今、再び断捨離ブームがくるかもと期待しています。 「断捨離」という言葉に、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか? 単純に「モノを捨てる …

「日本人は口がくさい」と厳しい評価

口内ケア後進国ニッポンを襲う歯周病 外国人100人に聞いたアンケートの調査結果が衝撃的でした。日本人と会話して「口がくさい」とがっかりした人が68人。だから「キスしたくない」と回答した人が43人いまし …

NHK朝ドラが土曜日に放送しなくなる働き方改革とは

NHKは朝ドラ(連続テレビ小説)を、来年春放送の「エール」(窪田正孝さん主演)から、土曜日は放送しない「短縮」をするらしいです。 今、朝ドラは100作目の「なつぞら」を月曜から土曜日まで放送中です。 …

働き方改革が副業サラリーマンを増やす

「働き方改革関連法」が、4月から順次実施されています。私達の働き方が大きく変わる時代に入りました。 この変化に対処できるよう、改革の内容を良く理解しておきたいものです。 「長時間労働の是正」と「同一労 …

人気記事トップ10