ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

芸能

安部寛「結婚できない男」今度は結婚できますか?

投稿日:

13年前に大ヒットして社会現象まで引き起こした、阿部寛主演のテレビドラマ「結婚できない男」続編が、この秋(10月 )放送されます。13年前は、阿部寛演じる建築家・桑野伸介の、現実的でコミカルな人柄が人気を呼び、「結婚できない男」は世の中年独身男性のレッテル張りに使われました。2006年当時は「結婚する」「しない」の考え方が、今とはだいぶ違っていましたよね。

皮肉屋で偏屈、でもどこか憎めない

13年前、私もこのドラマに夢中になり、毎週放送が待ち遠しかったことを覚えています。このドラマの魅力は、なんといっても皮肉屋で偏屈、でも憎めない主人公・桑野伸介のキャラクター設定の 面白さと(それを体現した阿部寛の演技)、彼を取り巻く女性たちとのやり取りです。

伸介は40歳、独身の建築家。分譲賃貸の高級マンションに住んでいます。仕事は有能、料理・家事も完璧にこなしますが、なんでも一人で行わなければ落ち着きません。食事、ショッピング、クラシック音楽鑑賞、一人焼肉、船の模型作り・・・・。性格は偏屈で独善的。すぐ皮肉を飛ばしますが、どこか憎めない人柄です。

「結婚できないのではなく、結婚しないのだ」

女性にも興味はあるんですが、独りよがりで 「結婚は妻と子供と住宅ローンの三大不良債権を背負いこむことだ」とのたまわり、「結婚できないのではなく結婚しないのだ」とうそぶく中年男です。そんな彼も、「結婚できない女」女医の早川夏美(夏川由衣)がなんとなく気にかかり始めます。果たして二人は・・・。

まっ、続編「結婚できない男」ができるくらいですから、結局結婚に至らなかったのですがね。続編の公開前に旧作を見直してみるのも面白いかも知れません。私も10年ほど前に見直して大層面白かったです。ちなみに、続編制作の場合、旧作を再放送されるのが慣例です。

人生の折り返しで独身男が思うことは

続編は、伸介が53歳になり、人生の行く手に思いを致すようになったとき、偶然出会った女性たちとのお付き合い振りが描かれます。進むIT化に合わせて最新機器も登場するそうですよ。脚本は前作と同じ尾崎将也氏です。生涯未婚率が高まる日本の今を、どう照らし出すのか。「阿部寛は「人嫌いなようで、実は人と関わりたく、人のお役に立ちたいと思っている伸介が大好きです」と語っています。続編の放送が楽しみです。

-芸能

執筆者:

関連記事

ARASHI EXHIBTION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会はこんな内容

嵐20周年を記念した初の展覧会「嵐を旅する展覧会」が東京を皮切りに始まりました。 現時点で、東京のほか大阪、福岡、宮城の開催が決まっています。 ◎東京会場(2019年7月1日~11月30日)ソニーミュ …

波田陽区「ギター侍」今、年収どうなった

テレビ番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」の中で「ギター侍」波田陽区が電話取材を受けて近況を語りました。懐かしいですねぇ。番組は、一発芸で平成を風靡(ふうび)した芸人たちをランキン …

桑田佳祐「ひとり紅白歌合戦」が爆発する

NHK特番で桑田佳祐の「ひとり紅白歌合戦」を見ました。何気なくチャンネルが合って見たんですけど、これがとてつもなく素晴らしく興奮する内容でした。インタビューを中心に編集した番組でした。桑田の語りの面白 …

「やすらぎの刻~道」で好演 Kis-My宮田俊哉の魅力

Kis-My-Ft2の宮田俊哉に注目しています。 宮田は今、テレビ朝日系の帯ドラ「やすらぎの刻~道」に出演しています。 「やすらぎの刻~道」はテレビ朝日の開局60周年記念ドラマとして、倉本聰脚本で制作 …

作詞家千家和也が遺した心にしみる歌の数々。麻丘めぐみ、山口百恵・・・

1970年代に数々のヒット曲を手がけた作詞家の千家和也さんが食道ガンで亡くなっていたことが分かりました。 「わたしの彼は左きき」の思い出 千家さんの作詞といえば、私が真っ先に思い浮かべるのは「わたしの …

人気記事トップ10