ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

生活

猫の鳴き声が平安時代は「ねんねん」だって。我が家の猫は・・・

投稿日:

皆さんが聞く猫の鳴き声は何て鳴きますか?フツー「ミャーミャー」とか「にゃーにゃー」という声を思い浮かべるのではないでしょうか。でも、時代によって猫の鳴き声は違ったらしいですよ。猫が「ミャー」とか「にゃー」とか鳴きだした?のは江戸時代以降だそうです。もちろん猫が鳴き方を変えたわけでなく、人間の聴き方、というか表現の仕方が変わったからです。

鎌倉時代の猫は「ねうねう」と鳴いた

猫は、平安時代は「ねんねん」と鳴いていました。鎌倉時代は「ねうねう」と鳴きました。文学作品の表現などから分かるわけです。かわいい鳴き声ですね。我が家には2匹猫がいますが、両方ともあまり「ミャー」とは鳴きません。女の子のチビすけは「みゃっ」、男の子のタローは「あーん」と鳴くことが多いようです。

猫の「ゴロゴロ」は鳴き声ではありません

でも、状況によって鳴き声は変わります。チビ助は、私が名前を呼ぶと必ず「ミャン」と小さな声で返事をします。タローは呼んでも返事しません。家の中から庭に小鳥を見つけると「けけけっ」といったような奇声を発し続けます。
二匹とも家族以外には慣れていないので、他人が無理に近づくと「シャーッ」と威嚇の声を出します。 ちなみに、気持ちよくなでてやると「ゴロゴロ」という音を発しますが、あれは鳴き声ではなく声門が振動する音だそうです。

猫の鳴き声が状況によって変化することは「猫語」の研究者が分類しています。それによると、発情期や甘えたいときは「あおーん」「みゃー」「にやっ」。威嚇や敵対的状況では「うー、シャッ」などだそうです。人間に対して鳴くときは、「遊んで」「ごはん頂戴」の意思表示です。

外国の猫の鳴き声は

ところで、外国の猫は何て鳴くか気になりませんか。動物は国によって鳴き声が違うんですね。よく知られているのは、日本で「わんわん」と鳴く犬が、英語では「ばうわう」と鳴くことですね。実は日本で犬が「わんわん」と鳴くようになったのは、やはり江戸時代からだそうです。室町時代には「びょうびょう」と鳴いて、今でも狂言の舞台で、犬は「びょうびょう」と鳴きます。

つい、話が飛びましたが、猫の鳴き声、米国では「ミュー」(mew)、英国では「ミャオウ」(meow)、中国では「ミャオ」(meao)、韓国では「ヤオン」(yaong)だそうです。人間の言葉の違いほどの違いはありませんね。

-生活

執筆者:

関連記事

ネット「マナーポリス」の正体を考える

東洋経済オンラインに岡本純子コミュニケーション・ストラテジスト(投資運用の専門家)が掲載した一文が、ツイッターで反響を呼んでいます。反響の多くは岡本氏の文章に共感を示しています。私もこの文章を読んで共 …

3年後しか予約できない佐賀の蕎麦屋さんの秘密

佐賀県唐津市七山にある遊心案。美味しい蕎麦懐石が食べられるお店です。3年前に予約していたこのお店に行ってきました。とても美味しかったです。一緒にお誘いした友人たちも感動してくれて、3年待ったかいがあり …

世界一のあんこ饅頭、名月堂「博多通りもん」が売れる秘密

福岡の土産物として大人気のお菓子「博多通りもん」が、昨年1年間に最も売れた「製菓あんこ饅頭ブランド」としてギネス世界記録に認定されました。 約6400万個、75億9126万円も売れた! 福岡では「通り …

「東京タピオカランド」も開業する第三次ブームのタピオカ、高カロリーって知ってますか?

タピオカがブームです。かつて1990年代にブームがあり、2000年代に第2次ブームがありました。今は第3次タピオカブームといわれています。 テーマパーク「東京タピオカランド」開業 今月17日に発表され …

ビワの種子茶は危ないと日本医師会がホームページで警告、ガンにも効かないよ

我が家にはビワの木が1本あります。毎年沢山の実をつけてくれて、家族や近所の人たちを楽しませてくれます。 ビワのタネ(種子)は1個の実に3~4個入っています。もちろん果肉を食べてタネは捨てています。 で …

人気記事トップ10