ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

生活

ネット「マナーポリス」の正体を考える

投稿日:2019年5月16日 更新日:

東洋経済オンラインに岡本純子コミュニケーション・ストラテジスト(投資運用の専門家)が掲載した一文が、ツイッターで反響を呼んでいます。反響の多くは岡本氏の文章に共感を示しています。私もこの文章を読んで共感を覚え、果たしてマナーポリスは誰なのかと考えました。

他人の言葉遣いを強く批判する行為

マナーポリスとは、ネットの投稿に対して「礼儀知らず」「マナー違反だ」など激しい言葉で批判する行為のことです。 例えば、ある有名モデルが「天皇皇后両陛下お疲れ様でした」とブログに書いたところ、「失礼だ」「目上の人に対して使うのはおかしい」「まして天皇に」などの批判が集まりました。

私なんか、この批判に「なんで?」と聞きたいです。「お疲れ様」は目上の人に対して全然失礼ではありません。岡本氏は、わざわざ国語学者の意見を引いて、目上に使ってもおかしくない、と書いていますが。とにかく、訳の分からない理不尽なマナーやルールが横行しているのは確かです。

「『了解しました』は失礼」?

学校の校則など、その最たる例です。「頭は丸刈りでなければならない」「下着は白」なんて何の意味があるのでしょう。私は、岡本氏の文章で 初めて知りましたが「『了解しました』は失礼」論なるものが、10年ほど前から広がっているそうですね。「なにそれ?」「失礼になる根拠ある?」と言いたいです。

もちろん根拠なんかありません。誰かがカッテに言いだし、吟味することもなしに同調する人が続いたということです。ネット社会は間違ったことでも拡散は早いのです。そして炎上します。間違ったことを言う人は、無論ご本人は正しことを言ってると思い込んでいます。その根拠を問われても、「伝統」「慣習」「常識」などあいまいな説明しかできませんね。

ツイッターにも溢れるマナーポリス

私が最近とくに感じるのは、ツイッターにもマナーポリス的な言論が溢れていることです。番組のコメンテーターの言葉を取り上げて激しく罵り、批判します。同じ番組を見た私には、なんでそんな批判が出るのか理解できない例も少なくありません。中には、明らかに投稿者本人の理解不足、というか国語力不足の例もあります。或いは、特定の思想から発想した言説もあります。ヘイトスピーチを連想します。

言葉狩り「内なるマナーポリス」

こうした言葉狩りが、私達の社会を住みにくくしています。問題は、私達もマナーポリスに手を貸していないかということです。岡本氏は「お疲れ様」「了解しました」も以前はこだわりなく使えていたのに、「失礼だ」と耳にしてから言いい換えるようになった。そして他人が使うと腹ただしく成り自分もマナー化していると自戒しています。私たちも「内なるマナーポリス」はいないか点検してみるべきかも知れませんね。

-生活

執筆者:

関連記事

かんぽ生命不利益契約から学ぶ、保険でやってはいけないこととは

日本郵政グループの生命保険会社・かんぽ生命の不正契約が明らかになり、大きな社会問題になっています。 乗り換え契約で顧客に不利益、2万3900件 不正契約は、他社の保険に加入していた人を説得して、かんぽ …

4月末まで焼きガキが楽しめる

住吉丸に群れるカモメたち 福岡県糸島の牡蠣小屋に行ってきました。これは牡蠣小屋まだ行ったことないよ、という方のための情報です。西日本の牡蠣小屋は大方3月で今年の営業おしまいのようです。 ここにご紹介す …

美智子上皇后の白内障手術はこんな病気

美智子上皇后が左右両眼の白内障手術を都内の病院で受けました。幸い手術は成功して順調に回復していると伝えられています。 時間が経てば手遅れのケースも しかし施術した医師は、もう少し時間が経っていれば危な …

3年後しか予約できない佐賀の蕎麦屋さんの秘密

佐賀県唐津市七山にある遊心案。美味しい蕎麦懐石が食べられるお店です。3年前に予約していたこのお店に行ってきました。とても美味しかったです。一緒にお誘いした友人たちも感動してくれて、3年待ったかいがあり …

ベストセラー「妻のトリセツ」は世の夫をはたして救うか

「妻のトリセツ」(黒川伊保子編著・講談社+α新書)が話題になっています。編著者は人工知能研究者です。私は妻の強い勧めで読んでみました。妻は、私が読むと心当たりがいっぱい出てくるはずだ、というのです。 …

人気記事トップ10