ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

松井美緒さん、夫・稼頭央選手のために20年間、料理15品を毎日作り続けた秘密

投稿日:2019年6月18日 更新日:

プロ野球西部の2軍監督、松井稼頭央氏の妻・美緒さん(48)が、20年間毎日15品を作り続けたエプロン賢妻振りが話題になっています。

「松井家のおもてなしごはん」

著書「松井家のおもてなしごはん~おいしい!とホムパで評判のレシピ~」では「結婚直後は目玉焼きもできなかった」と“告白”する彼女は、どうやって作り続けたのでしょうか。

 

美緒さんは2000年に稼頭央氏と結婚しました。結婚してから仕事をやめていましたが、現在はモデル業。バラエティー番組などにも出演しています。18歳の娘、9歳の男児の母親です。

 

独身時代は料理したことはなかったそうです。お母さんはしっかり料理する人だったので自分もできる、と思っていたらしいですね。

 

結婚して料理ができない!自分を発見

ところが結婚して、料理はできないことを自覚しました。目玉焼きのような簡単な料理もできませんでした。夫君の稼頭央氏もあきれたらしいです。

 

食事を通して身体をケアするプロ野球選手の妻として、これでは困りますね。それから美緒さんの奮闘努力が始まります。

 

雑誌で見つけたレシピをひたすら真似して作り続けました。そのうち、夫君の好みに合わせる料理の組み合わせのコツなどが分かるようになったそうです。

独学で作り続けて20年

美緒さんの料理は独学です。お料理本から学び続けて、今では100冊余り揃っているとか。

 

新婚妻が、始め料理に苦心惨憺するのは多くの家庭で見られる光景でしょう。我が家でも、新婚当初に友人達を呼んで振る舞った食事の魚が、生焼けだった失敗談などがありました。

 

いらい努力して、今ではおいしい食事を用意してくれます。しかし 毎日15品を揃えて出すのはすごいな、と思います。

 

でも美緒さんによると、長年努力してきて掴んだ要領があるようです。ミョウガとキムチの餃子。ラザニア、カルパッチョ、唐揚げ、スープ 、チキントマト・・・。

 

基本的に料理はまとめて作り、小分けして冷凍したものなどを入れてあるので、毎日15品作っているわけではないようです。料理の時間は1時間半ぐらいだそうです。

 

「夫を人としてリスペクトできるから」続けられる

15品揃えるのは稼頭央氏が在宅している日だけです。夫君が 遠征やキャンプなど不在で、子供たちとだけ食事するときは、ごはん、味噌汁、おかず 、サラダといった品数のようです。

 

それにしても、夫君のために15品揃え続けるのは並大抵のことでは有りませんね。

 

美緒さんに言わせると、家族で良い関係を築いているからこそ、と証言します。「夫を人としてリスペクトできることがとても大きい。そこが強いから自分も頑張れる。彼を支えたいと思う」

 

「逆に、私の仕事は夫も応援してくれる」ーこれは見習いたいものですね。

-社会

執筆者:

関連記事

少年革命家 ゆたぽん「不登校は不幸じゃない」の意外な評判

沖縄・宜野湾市で「ハイサイまいど!」で始まる動画を提供している小学校4年生の男の子「ゆたぽん」(中村逞珂=ゆたか君・10歳)が話題になっています。最初に琉球新報が報じました。ゆたぽんは、「不登校は不幸 …

「終身雇用は守れない」経団連会長の発言に「今さら」の声噴出 。問題は働く人の生活をどう護るかです

経団連中西宏明会長(日立製作所)が「終身雇用制度を守るのは無理と経営者はみんな考えている」と発言しました。中西会長は、新卒の4月一括採用が学生を就活に走らせ、学業に身が入らないので、大学側と採用方法を …

直木賞候補作、史上始めて!朝倉かすみ、澤田瞳子、柚木麻子、原田マハら六人全員が女性。果たして受賞するのは誰か?

、澤田瞳子、第161回芥川賞・直木賞の候補作が発表されました。7月17日の選考会で受賞作が決まります。直木賞は、芥川・直木賞史上始めて、候補作全部が女性の作品です。 女性の受賞はますます増える 候補作 …

小川彩佳アナ6月からTBS「ニュース23」メインキャスターに就任、こんな人

テレビ朝日「報道ステーション」の元サブキャスターだった小川彩佳(あやか)アナウンサー(34)が、TBS「ニュース23」のメインキャスターに起用されることが発表されました。小川アナといえば、昨年「報道ス …

防衛大学校「任官拒否」ってなに?

防衛大学校の「任官拒否」が話題になっています。今年の卒業式で、478人の卒業生のうち49人が式への出席を認められませんでした。前日、ひっそりと卒業証書を渡されたそうです。49人が出席「拒否」された理由 …

人気記事トップ10