ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

軽自動車の白ナンバープレートが急増! 登録いつまで? 費用は?

投稿日:2019年6月21日 更新日:

街を走る軽自動車に白いナンバープレートが付いている!この光景に不思議に思ったことはありませんか。本来、軽自動車のナンバープレートは黄色ですよね。

今だけ白いプレートに交換できる

今だけ、希望すれば特別に白いナンバープレートに交換できるんです。

白いナンバープレートは2種類あります。一つは「ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート」(ラグビープレート)。※ラグビーワールドカップはアジア初の大会です

もう一つは「2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」(オリンピックプレート)です。

両方とも大会記念と、大会を支援する目的で企画され、ラグビープレートは2017年4月から、オリンピックプレートは同9月からスタートしました。

※ 今年1月から地方版図柄入りナンバープレートもスタートしました。軽自動車のプレートには黄色の縁取りが施してあります。

図柄入りと図柄無しの2種類

プレートは、それぞれ、白地のプレートに大きく図柄が入ったもの(図柄入り)と、図柄無しで小さく大会エンブレムが入ったもの(図柄無し)があります。

申し込み締め切りは、ラグビープレートが2019年11月、オリンピックプレートは2020年9月までです。

気になる費用ですが、ラグビー、オリンピックいずれも、図柄入りは千円以上(100円単位)の寄付が必要です。(図柄無しは寄付金不要です)

また交付手数料として7000円~9000円、納めなければなりません。交付手数料は、地域によって違いがあります。

軽自動車の白いナンバープレートは、新車登録だけでなく、現在の黄色のナンバープレートを交換することもできます。

交換手続きはネットでできる

交換申し込みは、車検証を用意して、ネットで「図柄ナンバー申し込みサービス」(一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ)に申し込みます。

この時、ナンバープレートの番号を変えることはできません。

また、数字が光る字光式も認められていません。

そもそも軽自動車は日本だけのものです。普通自動車の白いナンバープレートではなく黄色にしたのはなぜでしょうか。

以前は、軽自動車は16歳免許制度がありました。高速道路も80キロ制限でした。また料金所で普通車と見分ける必要がありました。

しかし今日では制限は撤廃され、ETCが普及するなどして、軽と普通車でナンバープレートを違える意義は薄れています。

特別仕様を認めたのは、こうした時代背景があります。

白いプレートに交換できることを知らない人が多い

ところで、白いナンバープレートに交換できるということを知らない人が少なくないようです。

これが一般に知れると、軽自動車の白ナンバープレート化は今後ますます増えていくでしょう。

皆さん、なぜ白いプレートに こだわるのでしょうか。もともと、黄色プレートはボディーの色に合わせずらいという意見がありました。

これまでにプレートを白に換えた例を見ると、図柄無しが圧倒的に多いようです。

どうやら軽自動車の黄色プレートを格好悪いと思ってる人が多いようですね。

私は、最近の軽自動車の素晴らしさに感心することが多いんですが。

 

 

 

-社会

執筆者:

関連記事

トヨタ社長が終身雇用は守れないと発言して勤労者の生活どうなる

トヨタ自動車の豊田章男社長(日本自動車工業会・会長)が「終身雇用を守っていくのは難しい」と発言しました。終身雇用については当ブログでも経団連中西宏明会長(日立製作所)の「終身雇用を守れない」との発言を …

NHK朝ドラが土曜日に放送しなくなる働き方改革とは

NHKは朝ドラ(連続テレビ小説)を、来年春放送の「エール」(窪田正孝さん主演)から、土曜日は放送しない「短縮」をするらしいです。 今、朝ドラは100作目の「なつぞら」を月曜から土曜日まで放送中です。 …

熱中症の救急患者激増!記録的暑さに対策を確認しよう

総務省消防庁によると5月20日~26日、1週間で、熱中症で救急搬送された患者が2053人に上ることが分かりました。 これは、その前の週に比べて約4倍、前年同期比でも3.6倍になります。日本列島を襲った …

上野千鶴子さん「東大にも性差別あり」という入学式の祝辞、女子学生に届いたんですか

「タテマエ平等社会」ニッポンの現実 今年の東京大学入学式で、社会学者の上野千鶴子さん (名誉教授) の祝辞が話題を呼んでいます。とくに女子学生に、頑張っても報われない「タテマエ平等社会」の現状認識を説 …

やました ひでこ著「人生を変える断捨離」はまれにみる良書

「断・捨・離」(だんしゃり)がブームになったのは8年前でした。今、再び断捨離ブームがくるかもと期待しています。 「断捨離」という言葉に、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか? 単純に「モノを捨てる …

人気記事トップ10