ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

全国に急増する「子ども食堂」の背景と抱える問題とは

投稿日:2019年6月27日 更新日:

「子供食堂」が増えています。全国で約3700カ所あります。昨年から1400ヵ所も増えたことになります。

推計で年間160万人の利用者だそうです。急増した背景に何があるのでしょうか。

子供食堂の存在を多くの人が知るようになったこと。周囲に一人で食事する「孤食」や食事抜きの子供が増えていること。

ボランティア意識の高まり、などが考えられます。

はじめ「子ども食堂」は、経済的に厳しい家庭の子供や、一人でご飯を食べる「孤食」の子供に温かいご飯を提供しようとスタートしました。

完全にボランティアです。

ボランティアが自宅で開催する例も

自宅を開放して始めた人や、公民館などを利用している例など、その形態も規模もさまざまです。

子供だけでなく、大人も利用できる食堂が多いようです。

開催も、月に1~2回、週に3~4回など、やはりさまざまです。毎日開いている所もあります。

食事代は子供は無料。大人は300円程度徴収しているようですが、これも各「子ども食堂」の方針で違います。

貧困対策にならないが大きな役割

「子ども食堂」と聞くと、貧困対策を思い浮かべる人もいるかも知れませんね。

残念ながら食事を提供するだけでは貧困対策に程遠いです。でも、大きな役割を果たしつつあります。

しかし、今この日本に、相対的貧困状態と定義される子供が280万人いることも事実です。7人に1人です。

これはOECD(経済協力開発機構)加盟の34か国中、10番目に高い数字です。

これが「経済大国ニッポン」を一皮むいて見える現実です。

※ 相対的貧困= 国内の人々の所得を上から下まで並べて、その真ん中の数値の半分以下の状態。4人家族で年収240万円以下が一つの目安

子育て支援、地域住民の交流の場にも

実際に「子ども食堂」の現状を、いくつかのルポを読んで知りました。それらの報告によると、単に子供に食事を提供するだけではありません。

子ども同士の交流、地域住民の交流、子育て支援、などに広がっていることが分かります。

現代の日本は地縁関係が薄れ、核家族化が進み、共働きが増えています。ひとり親世帯も増えています。

こうした状況の中で「子ども食堂」は、灯台のような役割をしているように感じました。

この光は、もっとたくさん、もっと遠くまで届いてほしいものだと思います。

不足する活動資金とスタッフ

「子ども食堂」が抱える問題もあります。内閣府の調査では「子ども食堂」の活動資金は不足しています。ボランティアで運営するスタッフも、半数の「子ども食堂」が足りないと報告しています。

「子ども食堂」で提供する食材などは近隣の農家に分けてもらったり、寄付に頼ったりしている所が多いようです。

中には、赤字は主催者が補填している例もあります。

細かく条件付けない公的式資金の投入を

「子ども食堂」が社会を明るく照らす存在であることは間違いありません。私は公的資金を積極的に投入、助成すべきではと考えます。

ただし、お役所仕事にありがちな、細かい条件なしでです。

「子ども食堂」の主催者からは、公的資金はありがたいが自由を奪われる、と危惧する声もあります。

子どもの貧困は政治の責任

もともと、7人に一人の子どもが相対的貧困の状態にあるのは政治の失態です。

政治が子ども食堂の活動を応援するのは当然ではありませんか。

なお、子ども食堂を利用する子供について、最も貧困(絶対的貧困)の子どもは参加できてないのでは、という指摘があります。

そういう家庭の子どもには「子ども食堂」の情報が届いてないと危惧されているのです。この辺は、行政の協力があれば解決できると思うのですが。

 

 

-社会

執筆者:

関連記事

ノートルダム大聖堂燃える!大聖堂とは?深く理解する小説

有名なバラ窓は残ったようですが・・ パリの世界遺産の一角、ノートルダム大聖堂が火災にあい、フランス国民はもとより世界中に衝撃を与えました。特徴的だった96メートルの尖塔と、上から見ると十字架型に配置さ …

「定年夫婦のトリセツ」が結婚70年時代を救う!

ベストセラー「妻のトリセツ」(黒川五保子著)をこのブログで紹介しました。 ベストセラー「妻のトリセツ」は世の夫をはたして救うか 離婚の危機に陥らないために こんど同じ著者が「定年夫婦のトリセツ」を著し …

天皇陛下を慰めた「夜明けのスキャット」

4月30日のご退位を前に天皇、皇后両陛下の即位30年と、ご成婚60年を祝う音楽会が、皇居東御苑の桃華音楽堂で開かれました。桃華音楽堂は一般にあまり知られていませんね。桃華音楽堂は、昭和41年に、音楽好 …

メダカが1ペアで250万円! の仰天価格、ブームの背景にある手軽な飼い方

メダカが静かなブームだと言います。確かに田舎の道の駅などに寄ると水槽を並べてメダカを売っています。 ふと、自分でも飼ってみようかなと思うこともあります。手軽そうですからね。 「出目悪魔」という超高額メ …

議員の暴言、失言、ホントは本音なのではないの

自民党が所属の国会議員に対して「暴言、失言対策マニュアル」を内部資料として配布していたことが明らかになりました。夏の参院選前に引き締めを図ったのでしょう。しかし、その内容を見てみると、国民の代表に対し …

人気記事トップ10