ちびすけ日和

衣・食・住、スポーツ、美容、健康、音楽、映画、ペットなどを生活の中で楽しむ情報提供のサイトです

社会

「表現の不自由展・その後」政治家の中止要請は憲法を踏みにじる行為

投稿日:2019年8月5日 更新日:

「国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が、河村名古屋市長の強い抗議で中止に追い込まれました。

憲法が保証する「表現の自由」が民主社会を守る

これに対して、実行委員会会長の大村愛知県知事が、憲法(21条)が保証する「表現の自由」に違反していると反発しました。

私は大村知事の見解に同意します。ただし大村知事は、同展の中止を決めたのは河村市長の要請を受け入れたからではなく、警備上の理由を挙げています

「表現の不自由展」は、これまで各地の展覧会で排除された作品を集めて展示し、表現の自由について考えようという主旨です。

出品作品に対して好悪に評価が分かれるのは当然ですが、民主主義社会を支える表現の自由を考える好企画だと思います。

暴力・脅しに屈した展示会

しかし、同展に対して執拗な嫌がらせや反発が寄せられて、担当の県職員の安全が危惧される事態になったそうです。

とくに、会場にガソリンを持ち込むとの脅し展示会があり、中止を決めたということでした。

結局、暴力や脅しに屈したのです。警察等と連携して、開催を続行できなかったものかと残念に思います。

これが先例となり、今後も同様なことが繰り返されることが非常に危惧されます。明らかに表現の自由が侵されています。

自己の価値観を押し付けた河村市長

河村市長の抗議が中止の直接の理由ではないとはいえ、同展に対する反発や、執拗な嫌がらせの流れに手を貸したことは事実です。

河村市長は、展示された従軍慰安婦像や、昭和天皇を含む肖像群の映像写真を燃やす写真の展示などが「日本国民の心を踏みにじる」と批判しました。

展示作品に賛否があるのは当然です。しかし、公権力の座にある政治家が「日本国民の心」を盾に展示会の中止を求めるのはおかしいです。

権力の濫用(らんよう)です。

それは「日本人国民の心」ではなく、ご自分の価値観を押し付ける「河村市長の心」です。

例えば、日本国民の一人である「私の心」は踏みにじられたと感じません。

違う価値観を認め合うのが表現の自由

河村市長以外にも、維新や自民党の政治家、松井大阪知事らが「税金を使っているのに(従軍慰安婦を否定する)政府の方針と違う展示はけしからん」と展示会を批判しています。

これも全くおかしな話です。税金を払っているのは展示会に反対している人ばかりじゃありません。賛成している人も払っています。

海外では、政府はこの種の展示会に、お金を出して口を出すことはない、と伝えられています。自分とは違う価値観を認め合うのが表現の自由です。

政府の方針に反するというのが中止を求める理由なら、戦前の日本社会に猛威を振るって国民を苦しめ、日本を誤った方向に向かわせた検閲そのものです。

私たちは、政治家が表現の自由などに言及するときは、とくに注意して聞かねばなりませんね。

 

-社会

執筆者:

関連記事

小川彩佳アナ6月からTBS「ニュース23」メインキャスターに就任、こんな人

テレビ朝日「報道ステーション」の元サブキャスターだった小川彩佳(あやか)アナウンサー(34)が、TBS「ニュース23」のメインキャスターに起用されることが発表されました。小川アナといえば、昨年「報道ス …

日本人の平均寿命が過去最高に。でも健康寿命は? 「ロコモ」や「廃用症候群」にご注意

2018年の日本人の平均寿命がまた延びました。女性は前年より0.05歳延びて87.32歳。男性は0.16歳延びて81.25歳です。 連続して過去最高を更新 女性が6年連続、男性が7年連続で過去最高を更 …

だましの「アポ電」急増!10連休が危ない 究極の対策は?

国をあげての10連休が近づいています。この時に当たって「アポ電」が急増していると、福岡県警や高知県警が警告を出しました。「アポ電」というのはアポイント電話のことです。犯人が「なりすまし電話」で、巧みに …

議員の暴言、失言、ホントは本音なのではないの

自民党が所属の国会議員に対して「暴言、失言対策マニュアル」を内部資料として配布していたことが明らかになりました。夏の参院選前に引き締めを図ったのでしょう。しかし、その内容を見てみると、国民の代表に対し …

防衛大学校「任官拒否」ってなに?

防衛大学校の「任官拒否」が話題になっています。今年の卒業式で、478人の卒業生のうち49人が式への出席を認められませんでした。前日、ひっそりと卒業証書を渡されたそうです。49人が出席「拒否」された理由 …

人気記事トップ10